ジェラートを数倍楽しむ方法を教えます!

例えばこんな風に思ったことはありますか?

「あの絵画、どうして何千万円もするの?」

絵画や骨董といった美術品、デザインだけでなく世の中で「いいもの」とされるものは非常に高価です。
でも、みどころや理由がわからないと金額のみに目が行ってしまいますよね。
「ぼったくりだ」という方もおられるでしょう。

それは料理の世界でも同じことです。
あなたは味に関してどういった技術や手間隙が必要で、その結果どんな味になるのかを理解できていますか?
「毎日料理を作ってるんだから、それなりのことは知っていますよ」
そうですよね。

では、ジェラートやスイーツではどうでしょう?
「ジェラートはうちで作れないし、知らないわ~」
実は同じことなんです。
ジェラートやスイーツを作るには知識が必要ですが、ちゃんとその味を理解するには知識が必要なんです。

例えば、マダム教子が作る「いちごのサルサ」。
いちごジャムを想像していただくとわかりやすいですが、いちごは熱を加えると黒っぽく変色してしまいます。
それを防ぐために一般的にはレモン汁やクエン酸、焼酎などを加えたりされます。
でも、マダムはいちごと砂糖だけで鮮やかな色の苺サルサを作ります。

濃茶マドレーヌ イメージ2

例えば、この写真では、上に生のいちご。
下に「苺サルサ」がありますが、ほぼ同じ色ですよね。
もちろん、しっかりと長時間火を通して作っています。

だから、プロの方が来店された時にはびっくりされます。
イタリアの技術をもとにマダムが独自で研究した方法で、しかも1年間熟成させています。
ひと口食べるといちごの香りとともに、独特の「うまみ」を感じることができます。

こういった知識がないと「へぇ~、おいしいね」とは思いますが、その価値がわからないので結局「高い」と感じてしまうのです。
ジェラートも同じで、普通のアイスとくらべて何がどう違うのかがわからないと「高い」と感じてしまいます。

おます 抹茶豆乳

だから、お店ではできるだけその違いや感じ方をお話しするようにしています。
一度知ってしまうときちんとその味わいを感じられ、「じゃぁ、他のアイスは?」と興味が持てたり楽しくなってきます。

こんな風に、美味しいものを最大限に楽しむには、それなりの知識が必要なんです。
私たちが試行錯誤をしてきた経験やお客様との会話の中で学んだことなども含めて、どういう風に味を感じたらわかりやすいのかをお話しています。

「敷居が高い」とおっしゃらずに、一度お店でお話をしてみませんか?
ものの見方がわかってくると、途端に楽しくなってきます。
そう、新しい世界が開けるんです。
せっかくお料理やスイーツを食べるんですから、もっと楽しんじゃいましょう。
わからないことがあれば、何でも聞いてみてください。
「知らない」ことは恥ずかしいことではありません。
それよりも、「知った方が数倍楽しい」ということに気づいてほしいんです。

こんな風に味覚教育がもっともっと広まって、素材やきちんとした価値の判断を自分の舌でできるようになれば、もっと楽しい世界が広がっていると思います。
「たかがアイスにこの値段は高い」と決め付けるのではなく、それを楽しむ方法がわかればもっと幸せな気持ちになれます。
ぜひ、一緒に楽しみましょう!

 お店の場所はこちらをクリック!↓

https://gelato-vene.com/access-2/

地下鉄でお越しの方は「北大路駅」下車、徒歩約10分です。